相談

世の中には、さまざまなトラブルが起こることがあります。
日本は法治国家であるため、トラブルの解決を自力で行なうのではなく法律によって解決することができます。
その際、法律の専門家に相談することが必要です。
法律の専門家には、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などがいます。
これらの専門家は、国家資格として国の認定を受けた人がなることができるものです。
それぞれの業務は国によって定められており、トラブルに応じて利用する専門家を選択する必要があります。

・過払い金
近年、よく起こるトラブルの一つに、過払い金の問題があります。
過払い金とは、支払う必要のないお金を貸金業者などに払いすぎることをいいます。
金銭のトラブルには家族に内緒で借金を重ね、過払い金を支払っていたというケースも多く、相談を躊躇する人が多くいます。
このような場合は、弁護士や司法書士のいる法律事務所に相談することが必要です。

・弁護士
弁護士とは、法律の専門家です。
法律に関するさまざまな相談や、トラブルの解決をすることができます。
相談には「過払い金」に関する民事上の金銭トラブルや、刑事事件などを扱うこともあります。
業務にはさまざまなものがあり、弁護をすることが主な仕事です。

・税理士
税理士とは、税法に関する専門家です。
税務業務が主な仕事です。税務についてわからないことがあれば税理士に相談することができます。
過払い金が税の対象になるかなどの相談を税理士にすることもできます。
また、節税対策として税理士に依頼することもできます。
会計士が税務業務を行なうこともありますが、税理士の方が詳しいです。

イチ押しリンク

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930